FC2ブログ






白山麓・天領白峰を訪ねてウォーク



石川県に現存している重要伝統的建造物群保存地区は八か所あります

今回は白山麓・白峰地区(白山麓18ヶ村)の「天領」であった地区をウォーキング

しました

天領は その昔 徳川幕府が直轄支配していた場所で、当時は「支配所」と呼ばれ

明治初期に天皇の御料になったとき「天領」と呼ばれるようになった(Wikipedia)

県W協会・白山W協会共催・第24回石川県スポレク事業 で開催されました

白峰-1

自宅から現地まで車で約1時間かかりました 今日は県協会のHP用の写真と取材を

頼まれていますので、メモを取りながらウォーキング   あいにく梅雨の時期 降水確率

90%でスタートから ゴールまで雨の予想は大当たりでした

白峰-2

写真左の女性は、地元のウォーカーですが、今日歩くコースの「重伝建地区」の

観光案内や歴史の解説をして頂きました

白峰-3

やはり白山麓の真ん中です 雨の降り方がかなりきつい

白峰-4

白山麓民族資料館に立ち寄りました 資料館の隣に「旧杉原家」石川県指定有形

文化財・・・1864年建築され昭和53年移築復元された木造3階建物

白峰-5

ここが凄かった 今日のウォーキングで一番印象に残ったところです 玄関の説明

にも書いてありましたが、「民家としては県内最大」の建物

白峰-6

ここで地元の方のひじょうに珍しいおもてなしを頂きました 日本ではかつて

重要な主食穀物であった「ヒエ」の粒を炒ってお湯でねっとりとこねた食べ物

「ヒエ」が鴨(かも)の足に似ていることから「かもあし」といいます  地元では

略して「カマシ」と呼ばれているようです 参加者も初めてたべる方がほとんどで

白峰-7

「爺」も生まれて初めて食べました 今では「ヒエ」なんて見る事すら無い穀類ですが

珍しい物を頂きました

白峰-8

この辺は県内でも一番の豪雪地帯です 建物の3階には、往時の生活ぶりを示す

用品の数々が展示されていました

白峰-9

資料館を後に 説明を受けながら町中をウォーキングです  「爺」もこの辺は何度も

訪れていますが、やっぱり地元の方の案内が有ると 初めて知る事もあってウォーキング

の楽しみが、また増えました

白峰-10

今日の「完歩賞」は石川県知事からの 特別完歩賞です  天気は今一でしたが

楽しいウォーキングでした



スポンサーサイト
[ 2015/06/30 17:07 ] Walking Life | TB(0) | CM(0)