FC2ブログ






「ニンニク」を植え付けました

 
 畑は、朝方まで降っていた雨の名残がありますが、今日は来年6月頃収穫予定の

 「ニンニク」を植え付けました  ニンニクは畑の占拠時間(9ヶ月)が長い野菜です

      国産品は価格も高いですよねぇ

IMG_1185_R.jpg

  昨シーズンは大変うまく育ち、我が家も「ニンニクをふんだんに料理に使って」・・・・

  おかげで、今年の猛暑にも夏バテ知らずで越すことが出来ました。

IMG_1187_R.jpg

 ニンニクは、あの臭いが難ですが、本を読んでも、Webで調べてみてもどれもニンニク

 は身体に良いことばかり書いてあります。  TVで「ニンニク○○○」のコマーシャルを

 見無い日がない位いです。  詳しくはよく分かりませんが、ヤッパリ良いみたいですょ。

IMG_1191_R.jpg
 
 今年は約70本分の球根を植えました しばらくすると、このもみ殻の下から

 ニョキッと芽が出てくるでしょう。 

IMG_1198_R.jpg
 
 大根も 先日間引きをして一本立ちになり、成長が楽しみです


スポンサーサイト
[ 2018/09/29 02:10 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

白菜に青虫 大根は成長


 2~3日前から、気にはなっていました。今朝、畑に行ってビックリ。案の定、「白菜」の

若苗が虫に食われてレース状、青虫にやられています。寒冷紗を張っていたので、こん

な事になるのは、苗の時点ですでに卵が産み付けられていたのでしょう。 半数がやら

れています。   ダメになった苗は、引き抜いて 新しい苗を植え付けます・・・

写真の青虫です    若葉の真がまだ生きていて残った苗は、殺虫消毒・・・結果は

2~3日後に分かります 素人の家庭菜園では良くある事。  憎っくき青虫です!

白菜虫

9月8日に播種した青首大根と、聖護院大根が共に芽を出してきました。

土寄せをして、虫よけの「ダイアジノン」をパラパラと巻いて様子を見ます

今年は、猛暑と水不足でどうなる事か?土壌の中は変化している事と思います

  今シーズンから畑の作付面積を、半分に減らしました。  

10月に向かい、そら豆、イチゴ、玉ねぎ、ニンニク等を植え付けて行く予定です

大根芽

 9月の中旬たど言うのに「秋晴れ」とは、ほど遠いぐずついた天候異変が続いています。





[ 2018/09/13 03:01 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

白菜を植えました

20180901白菜

 白菜を植えるのに、日中の最高気温が30度を切る日を待ってました。白マルチを張って

 75日と85日収穫苗の2種類の「黄ごころ品種」と早生キャベツも少々植えました 植えた

 時マルチにへばり付いていた苗が、害虫防止の為に寒冷紗を張った頃には、元気に立ち

 上がって来ました。 

 隣の畝の「里芋」もだいぶん大きく成って来たようですが、収穫にはまだ2ヶ月程先になり

 ます    「冬大根」の種を蒔く時期なのですが、台風21号が接近しているのでその台風

 が通過してから、種蒔きをする事にします その後、玉ねぎやニンニク イチゴ等の畝作りが

 秋冬野菜作りの畑作業の順番かな・・・。



[ 2018/09/01 03:02 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

プリンスメロンとキュウリ

  
    いつまで続くか、この「猛暑!」

 「爺」の菜園には7月初めから、ほぼ一ヶ月雨が降っていません。この高温と乾燥は野菜に

 とっては過酷な環境になっています。畑はパサパサ状態 西日本、東日本全体が同じ様な

 状態のようで、その影響で露地野菜の値上がりして、食品スーパーに行って見ると「キュウリ

 1本80円」とか、「キャベツ1個250円」とか驚くような価格標示です。

メロンとキュウリ

 「立秋」もま近です。秋冬野菜の準備をする時期なのです、「猛暑」の影響で畑の野菜も

 大変ですが、準備にかかる「爺」がバテバテで、なかなかスタートが出来ません

 しかしこの暑さで、いい事もあります、プリンスメロンやスイカが甘くなって育ちました

 キュウリも例年なら「ウドンコ病」にかかっている頃なのに、連日まだまだ沢山収穫でき

 ています。

 このような異常気象の年は病害虫が発生しやすくなるそうですから、土壌の殺虫、殺菌消毒

 などを考えないといけないのかなぁ~と思ってはいますが、今は天気予報を眺めて過ごす日々です。 

 熱中症に気をつけながら来週には、「大根」「白菜」「レタス」等の植え付けの準備

 を始めようと思っています



[ 2018/08/06 02:28 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)