FC2ブログ






石川県W協会163回例会「バードウォッチング邑知潟を巡る道」参加


IWA例会、石川県能登半島の入口「羽咋市」の中央部「邑知潟(おうちがた)」

に白鳥バードウォッチング ウォーキングに参加して来ました

  羽咋市邑知潟(はくいしおうちがた)には、毎年、白鳥やカモ、サギ
  などの冬鳥が多く飛来することもで知られています
  かつては天然記念物のトキも生息していたほどの自然豊かな環境が、
  鳥たちの楽園をになっています 
  今年のウォーキングイベントの納会で訪問して来ました


羽咋W-1

また羽咋市は「UFOのまち」とも言われています。 江戸時代に羽咋市で、空飛ぶ

円盤が目撃されていたという伝承が残っています。

スタート地点になった「コスモアイル羽咋」の博物館には、NASAの「月面探査機」が

飾られていました・・・もちろんレプリカです。

羽咋W-2

スタート時は、雨混じり強風になり、ウォーキングとしてはあまりいい条件ではありません

それにも負けず、70名程のウォーカーは元気よく邑知潟に向かいます

羽咋W-3

強風の畑の中に「数百羽の白鳥」が風上に向かって休んでいました。近づくと

一斉に飛び立ちました  歩くのを止めて感嘆の声!

羽咋W-4

野鳥見学棟で昼食 記念撮影 

羽咋W-5

帰路には、北陸最大の弥生時代の村を再現した「吉崎・次場弥生公園(すばやよい

こうえん)」に立ち寄りました  地元のウォーカーから、この公園の言われ等いろ

いろ面白い話もお聞きしました  

天候が雨風でベストコンディションとは、行きませんでしたが こんな日は、自然

に皆さんの歩くスピードが速くなります。 予定より少し早めにゴール致しました

   今日で、今年の石川県協会の例会は終了です 今年も楽しく歩く事が
   出来ました        2019年は、新しいイベントも予定されています 
       また元気に歩きたいと思います。





スポンサーサイト
[ 2018/12/03 11:24 ] Walking Life | TB(0) | CM(0)

福井歩こう会例会「勝山ウォーク(6回)」に参加 


自宅から車で約1時間20分 やっぱり山間部です車を降りると空気がひんやりしています

 福井県の北東部に位置する勝山市、えちぜん鉄道 「勝山駅」に集合

「栃神谷の湧水ウォーク(ふくいの美味しい水)」に参加して来ました

勝山栃神谷-01
勝山栃神谷-2

距離15キロ ふくい歩こう会のリーダー「Tさん」に尋ねました「今日のコースは急坂道

ですか?」  答えは、「いや大した事ないですよ」しかし、事前に頂いた連絡には「真っ暗

なトンネルを通るから懐中電灯を持参して下さい」との事でしたから、どうなんでしょう?

勝山栃神谷-3

ここの例会は、スピードが少し速い!最前列を歩きます(この方が歩きやすい)

 旧勝山街道(石川県と福井県を山間部で結んだ旧道)を歩きます。

「爺」は、旧街道歩きは好きです

勝山栃神谷-4

大きな杉林の中をアップダウンを繰り返しながら進みます

参加者は全員、無言でついて行きます 聞いていた「トンネルです」・・・一寸先も

見えない真っ暗です・・しかし直ぐ通過!

勝山栃神谷-5

ふくいの美味しい水「神谷の水」に到着 ここで「恐竜渓谷ふくいジオパーク推進協議会」の

学芸員の方と合流「この後ゴールまで色々説明を受けました」 この辺一帯は火山地であった

事、「岩屑なだれのルート」だった事など、この「美味しい水」もそのおかげ。

勝山栃神谷-6
勝山栃神谷-7

コスモス満開です 地域活性に休耕田を利用して観光に一役かっています

 コスモスを眺めながら昼食タイム

勝山栃神谷-8

その後、チョットした出来事がありました  軽トラックが走ってきて、気のいい村の

方が降りて来て「すぐそこの、まちの駅に寄って行って下さいょ~」とお誘いを受け

リーダーから、「コースから外れるが、良いですか?」全員・せっかくのお誘いですから

いですから行きましょうとなり 寄り道! 新鮮な野菜を買い求めました

勝山栃神谷-9

学芸員の方から 溶岩石が沢山落ちて「川底が平らになっている」と説明を受けました 

説明を受けなければ、ただの小さい「橋」ですが、珍しい事をお聞きしました。

 ここのウォーキングイベントは良くこんな事があります、地元の方にチョットした

 説明をして頂く事で、普通のただの山道に物語が生まれます

勝山栃神谷-10

   天候も良く、気持ちの良いウォーキングになりました



[ 2018/10/22 11:27 ] Walking Life | TB(0) | CM(0)

富山県高岡W例会「二上山縦走トレッキング」に参加


絶好のウォーキング日和になりました。自宅から車で約1時間・・スタート・ゴールは

富山県の北西部に位置する高岡市JR伏木駅、伏木は海運で発展した町 

駅前には「如意の渡し」 源義経と弁慶の銅像がありました 

二上山縦走-1

各地でイベントが行われているので、今日は少人数の参加者です 

二上山縦走-2

標高300メートル程の「二上山」に上ります スタートしてすぐ登坂です

二上山縦走-3
 
しばらく行くと「正法寺」に「歩こう会発祥の地」と書かれた碑が有りました。本堂入口に

「八十八霊場」の文字が書かれていますが、四国八十八ケ所巡礼を模したものだそうです 

どうもこれと「歩こう会・・・・地」と関係があるようです?

二上山縦走-4

ウォーキングは、山頂まで登坂が6キロ程続きますが要所 要所で小休止を入れなが

ら進みます。少人数なので列から離れるウォ-カ-も無く順調にウォーキング。

二上山縦走-5

二上山縦走-6

「鉢伏山」に「平和の鐘」があります。重さ11屯の大梵鐘で、市制80周年の記念として

建立、誰でも自由に突く事が出来ます 「爺」も突いてみましたが、凄い迫力です

高岡銅器は梵鐘などの大きいものから、銅像などの銅器は全国の生産額の

約95%を占めているとの事です

二上山縦走-7

スッキリと晴れた 秋空の下 遥かに富山湾から、能登半島がはっきり見えました

スタッフの方から説明がありましたが、これだけ見渡せるのは珍しい事のようです

二上山縦走-8

 山頂近くに、万葉歌碑・「大伴家持像」が建っています 万葉集には、高岡と奈良の

 二つの「二上山」が歌に詠まれているそうです

DSC00057-2.jpg

 眼下に見える氷見市街をバックに参加者全員で恒例の記念写真・・・昼食をとって

 下山 未舗装の勾配のある山道を下りましたが   無事14時半頃ゴールしました





 
[ 2018/10/15 16:33 ] Walking Life | TB(0) | CM(0)

「金沢ウオーク」2018に参加


「金沢ウオーク2018」 の「コーススタッフ」で参加して来ました

これまで「金沢グリーンウォーク」として毎春ワンデーで行われてきた市民ウォーク

イベントが「オールジャパンウォーキングカップ認定」になり名称も「金沢ウォーク」に

変更になりツーデーウォークイベントとして3回目を迎えました

金沢ウオーク-4

二日間実施する予定でしたが、台風25号が接近しているとの事で、一日のみの

開催になりました 参加者は約900名 秋晴れのウォーキング日和です

金沢W-1

このイベントでのスタッフは二度目です ロングコース21キロのアンカーを二人で

担当しました ウォーカーが安全で楽しい一日を過ごせるように、コースを同行して歩きます

金沢W-2

開会式では、金沢市の山野市長も来られて、開会宣言を行い金沢市役所前 

  「いしかわ四高記念公園」をスタートしました

金沢W-3

ロングコースは、一部山間部を歩き、金沢市内を眺望出来る中々良いコースです。 

アンカー担当はウォーカーの最後尾を歩くのですが、中には途中でコンビニに立ち

寄ったり、気になる観光施設を見学に入って行くウォーカーもいたりで、それなりに

気を使いながらの歩きです。 

   ですからコース途中の写真もほとんど撮っていません。

金沢W-4

ロングコースは8時30分スタートでアンカーがゴールしたのは14時過ぎでしたから

参加が多かった割には、皆さん頑張ってウォーキングされたようです

   全員が無事ゴール致しました

    「爺」の歩数計も久しぶりに33,000歩を記録しました


[ 2018/10/08 09:41 ] Walking Life | TB(0) | CM(0)