2017-04-25(Tue)

143回石川県ウォーキング例会「カタクリとギフチョウの里」に参加


里山の雪が消える4月上旬、金沢市の山間部平栗地区は、「カタクリの花」が咲き

ギフチョウが舞う一年で一番美しい季節を迎えます

平栗カタクリ-1

県ウォーキング例会で、訪問をしました  予定では写真のような、花が咲き乱れ

ギフチョウが飛び交う 風景を期待していましたが、時期が遅く カタクリの花は 数輪

の花が咲いていただけでした  

カタクリ2

素晴らしい天候に恵まれ、100名を超す沢山のウォーカーが集まりました

今回はスタッフとして参加です かなりアップダウンのコースでしたが 皆頑張って

ついて行きます

カタクリ3

山道には、遅咲きの「しだれ桜」や「八重桜」が綺麗に咲いていました

カタクリ4

カタクリの群生地から離れた隅っこに、ひっそり1輪、忘れられたように咲いてい

ました・・・また「人生の出発 旅立ち 君を離さない 」の花言葉が付いている・・山野草

船のイカリに似た「イカリソウ」も ひっそり隠れて可憐に咲いていました

カタクリ5

帰り道の両側は、今が旬の「筍山」を眺めながら長~い下り坂・・・

「爺」は「筍」が大好きです・・しかし今年は「裏年」でサイズも小さく、価格が高い!

カタクリ6

金沢の市街地が一望できる処にある、●金沢芋ほり藤五郎神社●にも立ち寄り

今日のウォーキングイベントゴ~ルです


スポンサーサイト
2017-04-18(Tue)

高岡ウォーキング協会の61回例会参加


花見ウォーク「高岡W協会・塩の千本桜ウォーキング」に参加して来ました

富山県の中央を流れる神通川の両岸に植えられた桜は「塩の千本桜」と呼ばれ、昭和20年

代頃 付近の町村合併記念を祝して植えられました  1000本もの桜並木は、全国にも誇

れる雄大な規模のサクラ並木といえます

千本桜ー2

千本桜ー1

写真のような、「雪をかぶった立山連邦」をバックに素晴らしい桜見物を期待して

行きましたが、残念ながら時期が少し遅かった・・・・・開会式で挨拶をされた協会

会長からも 「サクラは先に行われたプレ大会の時は、まだ三分咲き 今日の本番

は、なごり桜が三分咲き(苦笑)」・・・・・と話しがありました

千本桜ー3

   写真のようにを「葉桜」を眺めながら神通川の堤防を17キロ程をウォーキング・

千本桜-4

千本桜-5

桜は残念でしたが、「ウォーキング」には素晴らしい天候にも恵まれ良い一日を過ごせました

途中「富山県総合運動公園」では、Jリーグ「カターレ富山」の試合が行われていて

多くのサポータも応援に訪れていました・・・


ちなみにチーム名の「カターレ富山」は愛するチームを共に“語れ”、“歌え”

(イタリア語の「カンターレ」[cantare])、そして“勝て”(富山の方言である「勝たれ」) という意味

を込めて名付けた・・との事です


千本桜-6

今日は、春霞で霞んでいた「立山連邦」でしたが、6月の例会は「立山山麓ウォーキング」が

予定されています・・・・




2017-04-09(Sun)

ふくい歩こう会・例会59「第3回丸岡城門跡めぐり」に参加


桜満開の「福井県丸岡城下町をウォーキング」して来ました

 JR丸岡駅を起点に何度もイベントに参加してしましたが、今回は丸岡城下の

全コースにボランティアガイドの方が同行して頂き、一味違う歴史探訪ウォーキング

になりました

201704丸岡-1

日本の名城100選にも選ばれている「丸岡城」ですが、合戦の時に「大蛇が現

れて霞を吹き、城を隠した」という伝説があり、別名を「霞ヶ城」とも呼ばれています

201704丸岡-2

       丸岡城について詳しくはここをクリックして下さい→●●

201704丸岡-4

丸岡城主 五代目から九代目までの本多家の菩提寺「本光院」・・・立派な墓碑が

祭られていました  城の周りには、福井口門・里丸岡口門・竹田口門など何か所

もの入城口があります

201704丸岡-5

隠れキリシタン信者が、密かに礼拝していた「切支丹灯篭」・・・火袋を支える竿石に

マリア像が彫られ、竿石の上部は十字架をかたどっているよう造られています

201704丸岡-6

 丸岡城では、桜まつりが開催されていて、沢山の観光客で賑やかでした

201704丸岡-7
201704丸岡-8
201704丸岡-3

丸岡城最後の城主 有馬家の菩提寺にも立ち寄りました

201704丸岡-9

過去、何度も訪れている丸岡町でしたが、今回は同行のガイドの方から、行く所々で

丸岡城の歴史を説明をして頂いたので「詳しく知らなかった丸岡城」について再認

識をしました・・・

      楽しめた「歴史探訪ウォーキング」の一日でした・・・・・。


プロフィール

太郎衛門

Author:太郎衛門
それなりの時期が来たら、「必要」からでなく「興味」によって行動をする、以前から自分の中に、漠然と小さい夢として持っていた 「健康的、浮浪者」をやってみたい。いつまでたっても、「ロマンを追いかけ」いつでも「小さな目標」と「新しい事に興味」を持って日々を元気に過ごしたいなぁ 気楽で気ままな「爺」の日記です。   
The link is free.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去の記事