FC2ブログ






甲州街道を歩く旅[38番韮崎宿から43番上諏訪宿]①

旧甲州街道を歩いてきました
2008年夏から始めた「旧街道歩き」も10年になりました。
東海道 中山道 山陽街道 甲州街道 その他脇街道を含めて 2000キロ程の歩き
旅を続けて来ましたが、今回の甲州街道で一区切りを着けようと旅立ちました。

甲州街道地図2018 
(この地図は街道歩きの大先輩アンドーさんの物をお借り致しました)
--------------------------------------------------------------------------------------------

都合で前泊が東京多摩「町田市」、早めに宿を出て韮崎駅に着いたのが9時過ぎ

日本橋から三十八番目の韮崎宿をスタート 天候も良く楽しい歩きが出来そうです

韮崎宿から上諏訪宿まで約65キロ 甲州街道は山間部でアップダウンがあり、一日

で歩ける距離が読みにくい。韮崎宿の標高は350m、これから先標高1000m近くまで

登坂が続きます

甲州街道1-1

韮崎(ニラサキ)の名の由来は、街道右手に韮の葉のように30キロほど続く「七里岩」の壁の

ような台地 その台地には韮が自生していたとの説があります

甲州街道1-2

どこの宿場もそうだが、人々を見かけないヒッソリしています 宿場に見られる家並みが

ここもギザギザに建てられているなぜか?諸説あるが敵が攻めてきたとき守りやすく

する説、大名行列が通るとき、地べたに座り頭を下げて居るのが辛く隠れやすくしてある

説等・・・ 風刺の効いた歌に「〇〇〇宿いつ着て(来て)てみても 襞(ひだ)のとりよで

襠(まち=町)悪し」この宿場は袴のひだをとったようにギザギザで見通しが悪い

甲州街道1-3

空海が観音石仏を安置したと言われる「雲岩寺」を訪ねた後 国道20号へ出る 諏訪まで50

キロと書いてあるが旧街道はそんなに近くはない距離。  「七里岩」台地が続きます

甲州街道1-4

仏碑を見て、気が付いた・・「昼食を買うのをすっかり忘れていた!」

近くにコンビニは無い・・郵便配達の職員に尋ねたら、ず~と向こう5キロ程先に

コンビニがあるよ!との事。 しかたない歩こう

甲州街道1-5

この辺の側溝に流れる水はすごく綺麗、しかも流れの底の方は真白い砂も同時に流れて

いる、その砂があげられて道端に積んである。多分「七里岩」から流れ出る水と関係があり

そうですが、その事を聞こうにも誰にも出会わない。

甲州街道1-6
甲州街道1-7

古道は石仏をよく見かけるが、見るからに時代経過が長く刻印されている文字も

読めない 街道歩きの方からこの辺から「富士山が見渡せる」と記されいるが、

今日は、残念ながらまったく見えません 住民を困らせた「釜無川」を過ぎて小高い所

に「原山神社」がありました。この神社珍しく「両部鳥居」です 先輩が訪れた時、拝殿が

荒れていたと記されていましたが、修復されて立派な拝殿になっていました。

甲州街道1-8

右手に「八ヶ岳」を眺めながら「徳島堰(せき)」と呼ばれる水路が続きます

氾濫を繰り返す「釜無川」からの水流を利用した16キロに及ぶ灌漑用水で

江戸深川の商人「徳島兵左衛門」が私財を投入して工事が始まり官民の

協力によって完成された 今ではその水流を利用して「発電」が行われています

甲州街道1-9

一里塚跡がありますが「甲府から」と書いてある…新しい碑なので何かな?

 庚申塔がありますが、個人の敷地のようです

甲州街道1-10

この辺りは街道とJRの駅とはかなり離れている。今日は「台ケ原宿」から山梨交通のバス

での移動手段しかありません。

バス待ちをしていると、街道歩きをしている10人程の男女のウォーキンググループの方と

お会いしました、バスに同乗してお互いに楽しい歩き話をしながら駅まで帰りました。

 「爺」の今夜の宿は甲府駅近くに予約済、 明日はJRで甲府駅から韮崎駅まで来て、今日の

バスに乗り換えて再度「台ケ原宿」まで向かい そこから歩き出す予定です 明日の天気は

  晴天予報

                 ---- つづく ---
スポンサーサイト
[ 2018/11/12 16:22 ] 甲州街道を歩く旅 | TB(0) | CM(2)

晩秋の風物詩・・・干し柿


   干し柿・・・

もう13~14年以上前になります。頂き物の「富有柿」を孫が食べた後、観葉植物の鉢の隅に

「芽が出るかなぁ~」と「種」を差し込んでおいたら、まさか!芽が出ました~~桃栗三年柿

八年・・・・経過したのに柿が出来ない。 実が生らないし切ろうと考えていたら、九年目に

「富有柿」でなく、小っちゃな「渋柿」が六~七個生りました (柿は接ぎ木をしないと甘柿は

 出来ない・・後で知りました)


柿-2

 それが今年は、三十個程実が生りました。 驚きましたョ~

孫にとっては「自分で育てた唯一の生き物」我が家に来る度に、少しづつ大きく成る

「自分の柿の木」
をチェックして、楽しみにしています。すべて自分一人で大切に食

べるようです 

  種を植えた孫も、もう中学生・・我が家の風物詩「干し柿」です








[ 2018/10/30 13:26 ] 日々 | TB(0) | CM(0)

晩秋の家庭菜園


 今年も、あと二ヶ月を残すばかりになりました 今年は自然災害が全国の各地を襲

 った年になってしまいました。北陸地方も、積雪1メートル近くの豪雪と夏の猛暑 その後

 は長雨に悩まされました

10月末畑-1

 自然任せの、我が家の家庭菜園も例外でなく、異常気候の変化になかなかついて

 行けず、「作物」の成長過程にいつもと違う変化が現れる一年になりました。

 外からは目に見えない土壌の中の微生物はどうなっているのでしょう?

 我が家の「白菜」も現在、写真では見分けづらいですが、成長の大きいものと いつまで
.
 経っても大きく成らない物があって、同時に植え付けた物に大差が出てしまっています

10月末畑-2

 来年の6月に収穫予定の「玉ねぎ」と「ニンニク」も 玉ねぎは苗が細い!・・・小さい苗か

 ら大きい野菜は期待できない、と言われていますが、今は、何ともひ弱な苗が必死に生

 きています。  ニンニクも同様・・・・ガンバレ野菜たち・・・

10月末畑-3

 どうしたのでしょう?ネギが太くならない 畑仲間に聞くと同じような事で、悩んで

 いる方が多いようです  ほうれん草や、春菊などの「葉物」はそれなりに育って

 います

10月末畑-4
 
 大根もまだまだこれからです  今日は晴れたので、「里芋」の試し掘りをして見ました

 残念ながら全体に小さいです・・・しばらく掘り起こさずに、もう少しそのままにして様子

 を見る事にします

 今年の冬は積雪は少ないと予報が出ています どうなりますか?

 これから、芽を出す 「そら豆」や エンドウ豆などの豆類も期待をしています

   自然相手の野菜作りは、「毎年が1年生」と言われますが、その通りだと思います



[ 2018/10/27 03:00 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)